オペレーションおよび保守担当のマネージャー

オペレーション部門のマネージャーは、インフラの老朽化、限られた予算、ネットワークの複雑さと規模の拡大にもかかわらず、需要を満たすため、安全で信頼できるガスを顧客に供給するサービスを常に求められています。 この状況は、複数の当局の規制準拠のための管理でさらに複雑になります。

VP Operations and Maintenance

の課題には、 オペレーションおよび保守担当のマネージャー の課題には、 ガス 次のようなものがあります...

反映待ちになっている竣工情報を削減

安全の確保

ガス漏れ調査とアセットの法令順守

現場の効率改善

反映待ちになっている竣工情報を削減

現場の作業変更が標準化されていない書面で戻されたり、説明が難解だと、大量のバックログや現状にそぐわない地図が発生します。

紙の地図は汚れて戻され、理解できません。 自動化されたソリューションはかさばって、現場のクルーには取り扱いにくい。 その結果、データは(物理的にもデジタル的にも)事務所に積み重なり、整理されるのを待ちます。

オペレーション担当のマネージャーのために、myWorld Capture™ は反映待ちになっている竣工情報を削減し、現場からほぼリアルタイムに近い時間で更新を受信し、バックエンドシステムの更新を効率化するのに役立ちます。myWorld Capture は反映待ちになっている竣工情報を削減して、データ収集作業を効率化し、最新の地図をより迅速に表示します。

安全の確保

ネットワークのどこに安全性の問題があるか理解し、追跡し、記録するのは容易ではありません。 クルーには潜在的な安全性の問題があることを理解するのに必要な情報がありません。

クルーの安全の確保は常に第一の優先事項です。 クルーは、現場に出ていくとき、どのようなことが必要なのか知っておく必要があります。 特定の顧客を訪れるときは支援者を用意する必要があるのか? 行先の地形に対応する十分な装備を持っているのか? 行先の地域で別のクルーに会って、作業の現状を確認することができるのか?

オペレーション担当のマネージャーのために、myWorld™ は、最新の位置がわかるネットワークの同一のビューを現場の技術者と運用センターのスタッフに表示して、状況認識とリソースの調整を改善するために、オペレーションチームとリソースを調整して、クルーの安全確保を支援します。

  • クルーは、地上の装備や、難しい地形、危険な顧客の兆候などを直接見ます。
  • 既存のドキュメントや仕事の教材をアセット にリンクして、クルーが自分たちが実際に見ているものが何か、確実に理解できるようにします。

 

ガス漏れ調査とアセットの法令順守

アセットの検査サイクルとガス漏れ調査を後追いで記録しておくことは大きな問題です。 書類整理の期限になっても、未完の状況である可能性があります。

事前通知なしで訪れた査察官が 2 年前の調査データの検査を要求した場合、大変なストレスを感じるでしょう。 このような情報収集は難しく、時間がかかります。そして記録が見つからない場合はかなりの罰金が課されます。

オペレーション担当のマネージャーのために、myWorld Inspection and Survey™ は包括的な調査点検ツールを用意しました。 ユーザーは、仕事のスケジュールを組み、クルーが検査地域まで徒歩で行くか車で行くか決め、検査サイクルの進行状況を報告することができます。 このようなすべてのデータは保管されているので、査察官に見せて、特定の作業が済んでいることを証明できます。

>

現場の効率改善

情報が誤っていると、現場のクルーの作業効率は下がります。これは正しい決定を下すためのツールがないためです。

地図が誤っていれば、クルーは誤った道具や備品を持って現場へ行くことになります。 これによって、修理に長い時間かかり、二度手間の原因にもなります。

オペレーション担当のマネージャーのために、myWorld™ プラットフォームは、すべてのアセットデータを現場で表示して、検査、調査、ストリードビューなどの別のソースからのデータとシームレスに組み合わせて使用することができます。 前もって用意されたこの価値ある情報により、クルーが往復する無駄が省かれます。 表示する以外に、myWorld Capture™ では、クルーが現場から直接更新できるので、地図を最新状態に保ち、作業効率が上がります。

Gartner によると、誤ったデータは企業全体で年間平均 1400万ドルの経費がかかるそうです。