Fiber Planning

ケーブル・通信業界では次世代のファイバネットワーク導入にあたって、挑戦的な時間のプレッシャーと固定予算内での巨大投資を行っていますが、既存のツールとプロセスではこれらの目標を達成できないことに気づき始めています。

myWorld Fiber Planning™ は、コスト管理と品質を維持しながら、次世代のファイバネットワークプロジェクトの市場投入までの時間を短縮できる FTTX と N+0 の計画立案と設計のための唯一のソリューションです。 myWorld Fiber Planning はスタンドアロンのシステムとは異なり、既存の GIS との双方向性の統合に対応しています。

Fiber Planning
myWorld Fiber Planning

myWorld Fiber Planning は、コストを最適化した次世代のファイバネットワークの計画・設計を自動生成します。 このシステムは、利用可能なデータソース、設計標準、ユーザー入力に基づく数学的最適化手法を使って、地理的なレイアウトと部品表を生成します。簡単に使える myWorld Fiber Planning は、すべての主要 GIS データベースを統合します。

コストオプティマイザ

ユーザによって指定される制約の中で最もコスト効率の高い設計を計算し、立案計画者は仮定のシナリオを複数比較できるので、資本コストを削減できます。

テクノロジモジュールフレームワーク

FTTX、N+0、および未来のネットワーク技術のための柔軟性の高いプラグインアーキテクチャを提供します

標準設計ライブラリ

設計と見積もりの一貫性と品質を強化します

設計の迅速化

反復的な設計と見積作業を自動化し、次世代ファイバを導入するための市場投入までの時間を 10~20% 短縮し、エンジニアリングと設計にかかる人件費を 40% 以上削減します。

  • どのような規模の FTTX の導入でも市場投入までの時間を 10~20% 短縮
  • エンジニアリングと設計工程関連の人件費を 40% 以上削減
  • 現場での変更を考慮して迅速な調整が可能
  • どのような状況でも費用対効果の最も高い規格に基づく設計を生成し、資本コストを削減
Next generation geospatial platform accelerates

Next generation geospatial platform accelerates productivity and collaboration

IQGeo announced a transformative next generation end-to-end Geospatial platform. Based on our industry proven myWorld platform, the new platform goes far beyond traditional GIS solutions, delivering a step-change in productivity and collaboration for telecom and utility network operations. Download the latest information sheet and sign up to be kept informed on the latest news on this exciting technology.

Download

お客様の声

IQGeoIQGeo はすばらしいパートナーで、提供されたサポートに大変満足しています。

匿名パートナーの言葉

にとても大きな感銘を受けました。チームは迅速に作業を進め、特殊な業務や技術的な要件を満たしてくれました。myWorld は直感的に使うことができ、弊社が持つ地上・地下のネットワークを Google マップ、Google サテライト、Google ストリートビューを含む詳細なビューとして、オプションのベースマップ上のレイヤに重ねて表示してくれます。

TELUS、IS 担当取締役、Nelson Gillette 氏

強力なのに簡単に使えるインベントリ地図を該当する担当者が使用できることは非常に有利です。 しかし、この分野での進歩を妨げてきた従来の GIS ソリューションにありがちな複雑さを回避するために、私たちはアプリとユーザエクスペリエンスを単純化する必要がありました。 新しい (myWorld) インベントリ地図の主なユーザーは、重要なネットワークとカスタマ情報への即時アクセスを必要とするネットワークオペレーションやフィールドオペレーションチームです。おかげで昼夜を問わずいつでも問題に即時に効率よく対応できるようになりました。 将来的にはインベントリ地図を弊社の Tranzact プラットフォームに埋め込んで Zayo の顧客も利用できるようにする予定です。

Zayo 社 GIS システム開発担当副社長、Kris Boccio 氏