Operations Manager

現場作業とネットワーク運用をシンプルにし加速します

Operations Manager
There’s been an explosion

よりスマートなネットワーク機器やセンサーが設置されるにつれ、リアルタイムの状態、アラーム、パフォーマンス情報が流れており、通信ネットワークから収集されるデータ量は爆発的に増えています。

運用チームにとっての課題は、こうしたデータが多数の複雑なアプリケーションのサイロに閉じ込められていることです。そのため、データソース同士を関連付けて、サービス停止の根本原因を特定したり、作業員をタイミングよく派遣するといった、業務上の重要な決定を下すことが難しくなっています。 結果的に、平均修復時間(MTTR)の増加、障害の電話の繰り返し、カスタマサービススコア(NPS)の低下、顧客の解約につながっています。

Anywhereオフラインの&モバイルデバイスと同期化

既存および計画中の施設内外のネットワークを、作業員のモバイルデバイスに自動的に同期させ、現場活動の迅速化とオフライン時の生産性維持を図ります。

チケット管理

チケット管理機能は、トラブル、保守、修理といったすべてのチケットを最初から最後まで管理します。これには、トリアージや、現場クルーの派遣、現場作業員のモバイルデバイスからの完了連絡も含まれます。

ネットワーク相関マップ

ネットワーク相関マップでは、すべてのテレメトリーおよびアラーム、その他の業務データソースは、使いやすい地図に一緒に表示され、トリアージ、現場派遣、現場での問題解決を早めます。

ファイバ断線ロケーター

ファイバ断線ロケーターは、OTDR トレースを使ってファイバの断線地点をピンポイントで見つけ、正確に作業員を派遣できるようにし、サービスの再開を早めます。

Operations Manager™は、 テレメトリー、アラーム、顧客への料金票といった関連するすべての業務情報を、1つの地図ビューに結び付けてシンプルに見せるシステムです。 障害、保守、修理の全チケットを最初から最後まで管理する、一貫したチケットシステムです。現場作業員のモバイルデバイスで、作業員の派遣や問題の解決もカバーします。

• 平均修復時間(MTTR)を削減する
• 障害チケットの繰り返しを減らす
• 現場派遣を減らす
• 顧客満足度(NPS)を高める

ネットワーク運用を、対症療法的でなく、より予防的にできます。 現場作業員は、状況を見て、現場で必要な他の優先度の高い作業もできるようになります。

Next generation geospatial platform accelerates

Next generation geospatial platform accelerates productivity and collaboration

IQGeo announced a transformative next generation end-to-end Geospatial platform. Based on our industry proven myWorld platform, the new platform goes far beyond traditional GIS solutions, delivering a step-change in productivity and collaboration for telecom and utility network operations. Download the latest information sheet and sign up to be kept informed on the latest news on this exciting technology.

Download