Damage Assessment

災害や悪天候に迅速に対応するためのフレキシブルな地理空間ビュー。応答リソースの効果を最大化し、復旧の予測が改善します。

運用の安全性を向上

回復リソースの効率を向上

復旧時間の予測を強化

IQGeoのDamage AssessmentTM ソフトウェアは、厳しい気象条件や緊急事態による想定外のネットワーク中断を評価し、迅速に対応するための柔軟なソリューションを提供しています。 インシデントコントロールルームとモバイルレスポンスチームは直感的なウェブベースのインターフェースから状況の最新情報を確認することができ、現場のクルーに正確な状況情報を届けることができます。 また、インパクトが最大の場所にチームとリソースを効率的に派遣できます。

IQGeo_customer_testimonial_video__Central_Hudson

 

   

簡単な損傷情報のキャプチャ

現場で損傷情報をキャプチャするための単純なフォームに基づくモバイルアプリケーションで、トレーニングは必要ありません。 写真や動画を損傷パッケージに追加して分析することができます。

リアルタイムの損傷数カウント

ネットワークに接続できると、損傷情報はいつでも現場から即座に報告されます。 損傷数カウントはリアルタイムで中央のインシデントセンターで更新され、よりよい応答計画が立案可能になります。

改善された資材管理

ダメージ情報を資材管理と統合することによって、資材がより正確かつ迅速に必要とされる現場に配達されます。

損傷状況の全社的アクセス

簡単なウェブベースのダッシュボードが現在の損傷レベルと復旧作業の情報を可視化し、オペレーションクルーが社内連絡より、優先すべき復旧作業に集中できるようにします。

台風や緊急事態後のネットワークサービスの復旧は非常に重要であり、迅速な対応に失敗しますと、数億円ものコストの発生と人命をリスクに晒す可能性があります。 IQGeoのDamage Assessmentソリューションは、災害シナリオを効果的に管理するために、影響を受ける資産の状況と場所を示す地理空間ビューを通じて地上で急速に変化する状況をリアルタイムでお届けします。 この強力なビューから、レスポンスチームを効率的に管理し、影響を受けるエリアの復旧スケジュールをより正確に予測し、ネットワークのダウンタイムを削減し、現場クルーと一般市民へのリスクを軽減することができます。

Webinar

IQGeo Japan災害対応緊急Webinar

このウェビナーはオンデマンドで視聴できるようになりました

Photo courtesy TEPCO Power Grid

ウェビナーを見る
Webinar

ExteNet’s vision for a single, consolidated network view

View the webinar to hear about ExteNet’s vision for a unified view of network assets that consolidates applications into a single source of geospatial network truth.

Find out more