Workflow Manager

IQGeo’s Workflow Manager™を使うと、プロジェクト、問題、保守チケットの状態を常にチームに知らせることで、建設から保守活動までを一貫して管理できます。 プロセスの生産性を高め、チームのコラボレーションを強化するために必要な地理空間情報とリアルタイムの業務情報をすべての関係者に提供します。

  • 建設および保守のスケジュールを短縮
  • 修理とネットワークのダウンタイムの低減
  • 現場の再作業とチケット発行の繰り返しを最小化
  • 現場とオフィスのコラボレーションの強化
  • ネットワークの安全性と顧客満足度の向上
IQGeo’s Workflow Manager helps you control construction and maintenance activities
IQGeo_Workflow_Manager_screen_shots_205x205

IQGeo のモバイルファーストプラットフォーム上に構築された Workflow Manager は、重要なプロジェクトとチケット情報を、現場のあらゆるモバイルデバイスと事務所のワークステーションに提供します。 さまざまな建設と業務のワークフローをモデル化するためにすばやく構成でき、正確で一貫したプロセス管理が可能になります。 カスタム統合により、センサー、プロジェクトステータス、作業員の場所、テレメトリー、アラームなどの追加の情報源をワークフローに関連付けることができます。

オープンソースのブラウザベースの技術を使用することで、ネットワークのどこからでも、さまざまなモバイルタブレットや電話を同時にサポートできます。 現場作業員はオンラインとオフラインの両方で作業できるので、モバイルネットワークの圏外でも作業でき、悪天候下での災害復旧に役立ちます。

プロジェクトリーダーは、手動でも自動ワークフローでも素早く定義ができ、スタッフと建設業者にチケットを割り振ることができます。 作業の進行状況は現場でも明瞭に表示され、スケジュールと予算のリスクを識別します。 業務の生産性とコラボレーションを強化する Workflow Manager は、市場投入までの時間を短縮し、リスクを緩和し、顧客満足度を向上させます。

チケット定義の設定


  • チケットシステムに非依存で、非常に柔軟なチケット定義
  • 単独で動作することも、主要ベンダーからのチケット発行も可能
  • すばやくワークフローを作成し、既存のチケットシステムを補完するタスクを定義


地図に基づくネットワークデータ

 

  • 地理空間の「地図に基づく」情報で生産性を劇的に向上
  • 担当者は現場に行く前にチケットの位置情報を確認可能
  • 新しい現場データを記録し、構築時の修正を実施

現場技術者の管理

  • 全現場技術者のチケット位置が完全に表示可能
  • 現場作業員に提供するデータタイプに関する許可を設定
  • 機密情報と不適切な情報へのアクセスの制限

チケットと現場の進行状況の記録

 

  • 現場作業員は、進行中の作業の進行状況についてチケットステータスをすばやく簡単に更新可能
  • プロジェクトマネージャとエンジニアリングチームにチケットステータスを表示可能
  • 十分な情報に基づいた決定を迅速に行い、クリティカルパスプロジェクトをスケジュール通りに維持